調布店 店長三上恵子

INTERVIEW

Q.プラウドへ入社したきっかけを教えてください。

子供が小学校に上がり正社員での働き口を探しており、新聞折込でたまたま見つけた会社です。スタッフの写真も載っており、素敵な方ばかりでいい会社なんだろうなと思ったのが第一印象です。正直なところ、仕事の内容より環境(勤務先や雇用形態、一緒に働く方)に魅力を感じ応募致しました。実際、第一印象で感じたとおりの会社でした。

Q.現在の業務内容とその中でのやりがいを教えてください。

格好良く言うと「店舗マネジメント」。具体的に言うと「なんでもやる」。ご相談いただくお客様に対し、一緒に問題解決することがメインです。容易に解決できる問題ばかりではありませんが、お客様と向き合いお客様がご満足いただけるゴールにたどり着いた時に頂ける「相談して良かった」とか「ありがとう」の言葉が励みになると同時にやりがいに繋がります。

Q.記憶に残るお客様とのエピソードを1つ教えてください。

そのお客様の初めての来店は給付請求でした。長い期間がん治療をされており、治療のお話しや副作用のお話など実際に罹患している方から聞く話がとても壮絶でした。請求は郵送でも対応できますが、今思えば重い副作用が出ている中「三上さん、三上さん」と会いに来てくれていたんだと思います。その方は最終的に亡くなってしまいましたが一人一人のお客様に寄り添う対応をこのお客様から学ばせて頂きました。

Q.将来ご自分が目指す姿(イメージ)を教えて下さい

入社当初は店長になる!が目標でした。今はおかげさまで店長をやらせて頂いています。現在は業務に日々やりがいを感じています。この気持ちのまま定年を迎えその時に「やっぱりこの仕事をしてきてよかった」と思える自分が今目指す将来の姿です。また、一緒に働くスタッフも各々の目標はあると思いますが、その実現へのサポートをする事も私の目標です。この人と仕事できてよかったと思ってもらえる人になりたいです。