イーアス高尾店
コミュニケーター平中朋

INTERVIEW

Q.プラウドへ入社したきっかけを教えてください。

保険に入ってもらったら終わりではなく、入った後、保険を使うときなど様々な保全手続きまでしっかりサポートしている会社というところが良いなと思い面接を受けました。採用面接をしてくださった多摩センター店の梅原店長がとても素敵な女性だったので、私もこんな風に年齢を重ねたいと思い入社しました!

Q.現在の業務内容とその中でのやりがいを教えてください。

お客様へ給付金の請求漏れがないかや、情報提供等でお電話・資料送付をしています。来店された方にはご要望に合わせた対応をしています。
お客様にお電話したときに、「ちょうど私もお電話しようと思ってたのよ~!」「ちょうど確認したいことがあったよ!」と、言われることがあります。そういうとき、以心伝心した!と、嬉しくなりますし電話してよかったな~とやりがいを感じます。

Q.記憶に残るお客様とのエピソードを1つ教えてください。

給付金請求の手続きをお手伝いしたときに、ご年配のお客様から名刺を「大事大事!」と、拝まれたことが印象に残っています。
いざ保険を使うときに手続きが大変に思われる方もいらっしゃるということと、そういう方にとってお店のスタッフの存在は名刺を拝むほどなのか、しっかり対応せねばと身が引き締まりました。

Q.将来ご自分が目指す姿(イメージ)を教えて下さい

保険のことなら何でもお任せと、胸を張れるような、頼れるスタッフを目指して日々の業務に取り組んでいきたいです。
あとは、私が感じたように、若者から「こんな風に年を重ねたい!」と、思ってもらえるような人を目指したいです。