セレオ国分寺店 主任青木育

INTERVIEW

Q.プラウドへ入社したきっかけを教えてください。

転職の際、正直職種や業務内容にあまりこだわりはありませんでした。
保険の仕事は前にもしたことがあり、お客様の人生に寄り添う重要な役割であると思っていたのですが、以前勤めていた会社ではノルマ達成が一番に評価される環境だったため、もどかしさを感じていました。
プラウドでは加入後の請求手続きなどのフォローやお客様との信頼関係構築を大切にしているので、ここでなら人の気持ちに寄り添い、自分自身が大切にしている思いやりを生かすことができると思い入社しました。

Q.現在の業務内容とその中でのやりがいを教えてください。

店舗へ来店されるお客様の対応や契約後のフォローが主な業務です。
お客様の中には保険に対して誤解をされていたり、あまり良い印象をお持ちでない方もいらっしゃいます。
そういった方の声に耳を傾け、気持ちに寄り添い対応することで今まで抱えられていた不満や不安が解決でき、お客様から感謝の言葉をいただいた時にお役に立てたことを実感しこの仕事をしていて良かったとやりがいを感じます。

Q.記憶に残るお客様とのエピソードを1つ教えてください。

入社して1年ほど経った頃、がん保険の見直しを担当させていただいたお客様がその後がんに罹患され、初めて自分が担当した方の請求のお手伝いをさせていただいた時のことです。
複数の病院に通われていたこともあり、手続きがとても複雑になってしまったのですが、何とか負担や不安を軽減できればと思い、慣れないながらも対応をしていたところ、「このお店があって助かりました」と感謝の言葉をいただき、お客様の気持ちに寄り添って対応することの大切さを実感しました。

Q.将来ご自分が目指す姿(イメージ)を教えて下さい

店長の対応や活動を近くで見ていて、お客様や会社のために今何をすべきか常に真摯に向き合っている前向きな姿勢にいつも刺激をもらっています。
日々前向きに活動できているのは店長をはじめ周りの社員の影響がとても大きいです。
入社から約3年、これからは自分自身が誰かに良い影響を与えられるよう視野を広く持ち、お客様からも社員からも信頼される人間になりたいと思っています。