府中店 主任柳樂麻衣子

INTERVIEW

Q.プラウドへ入社したきっかけを教えてください。

転職活動をしていた際に登録していた転職サイト経由でスカウトメールが届いたのがきっかけで会社を知りました。保険業しかも営業職なんて自分には無縁だと思っていましたが、せっかく声をかけてもらったのだから自分に営業ができるかどうかは別として、まずは面接を受けてみようと思い社長にお会いしました。社長から直接仕事のことや今後の会社のビジョンについてお話を聞いていくうちに私自身も社長が目指す会社の一員として力になりたい、この会社で成長していきたいと思い入社を希望しました。

Q.現在の業務内容とその中でのやりがいを教えてください。

保険の新規加入相談はもちろんのこと、加入後のサポートがメインです。定期的な契約内容の確認だけでなく、時間経過による状況や心配事の変化に合わせて一人一人にあった保障の持ち方をお伝えしています。また、実際に保険を使うことになった方へのサポートも承っています。ここにお店があって良かったと感謝のお言葉を頂くこともあります。保険にご加入頂いているお客様の不安事解消のお手伝いができることにとてもやりがいを感じます。

Q.記憶に残るお客様とのエピソードを1つ教えてください。

勤務していた店舗がオープンしたばかりの頃にティッシュ配りをしていて、それがきっかけで来店してくれたお客様がいます。当時は入社したばかりでまだ自分にできることが少なかったので来店してくれたことも嬉しくて印象に残っていますし、その後も保険の見直しなどのサポートをしながら長いお付き合いをさせていただいております。当時はまだまだ業務に慣れていなかった頃ですが一生懸命さが伝わってきたからと私に保険のことを任せてくださり、一生懸命頑張ることの大切さを身をもって感じ、今の自分の在り方にも繋がっている出来事です。

Q.将来ご自分が目指す姿(イメージ)を教えて下さい

企業理念にもあるように、常に感謝の気持ちを忘れず環境変化に適応して成長し続ける人でありたいと思っています。コロナ禍になり今までは当たり前だったことが当たり前じゃないということを目の当たりにしました。日々仕事ができることも、プライベートでの楽しみも当たり前じゃないからこそ、なんでも感謝を忘れずにいたいです。仕事の在り方も変わっていくかもしれませんが決して変化を恐れず、アップデートしていくことも楽しめる人でありたいと思います。